2009年08月10日

800兆円

とうとう日本の借金は800兆円に近づいてきましたね。
そして債務残高が対GDP比でイタリアを一気抜きwです。
これは完全に日本国の経営陣は責任をとらないといけない。
http://www.mof.go.jp/zaisei/con_03_g03.html
http://www.mof.go.jp/zaisei/con_03_g05.html

単にどこかの党が変わるだけじゃだめだね。
そこで私、100億円wが考えました。
つか思いつきですが、何か?w
しかしリベラルやリバタリアニズムとはほど遠いなw

その名は「国会議員税金法」と「国家公務員特別税金法」と「老人相互互助法」と「特別老人寄付法」です。

まず1番の「国会議員税金法」は「国家公務員特別税金法」はセットで
国会議員全員と官僚、特に霞ヶ関で働く勤続10年以上の年収800万以上
あるいは資産1千万以上持つ人全員が、今現在の国の借金を国民の数で割った分(例えば現在約670万円)をいますぐ払えwという法律。その代わりプラスになればそれは返ってきます。してこの法律は世襲制
ですw。借金が続く限り国会議員や官僚になった子供は毎年払います。そしてそれは公表されます。個人ではなく公人としての使命ですね。また、プラスになれば逆ですからやる気がでるよ!w違反したものは倍額
払ってもらいます。あるいは死刑。(死刑制度も官僚や国会議員が死刑になった場合、資産はすべて国が没収という法律に変えます)


2番目の「老人相互互助法」は、すでに少子高齢化がすすみすぎ、
はっきり言って若者は老人を支えきれなくなっています。
無駄に生きてる老人は清く早く逝ってください。
そして資産はすべて今の国の借金の返済にあてて下さい。
ただしお国のために戦った現在約70歳以上老人は除外。
1Q45年以降に生まれた人は例外なく60歳からは60歳以上同士の税金によって年金と医療保険や各種社会保険は運用される。また、それに
付随する資産凍結法において資産をもったまま海外に移住したり移民
することを禁じるw法律もつくる。そしてそれに違反したものは、同じ
老人から無限定に暴力を振るわれることが許されます。老人同士の
殺し合いは合法。これはウソw
ただし、老人の定義として働けるのに働かないで年金を貰う人のことです。だから年齢ではなく65歳以上でも年金を払い税金を納めれば
老人としては数えません。もはや民主主義などありませんよw

今回の目玉w「特別(老人)寄付法」は1千万以上国家に寄付した方、そして段階的に寄付した60歳以上の方は交通機関すべて無料にし、栄誉国民として名前を未来永劫残す、そういう場所を作って残します。また、値段の高さによってグレードがあります。また、寄付されたお金すべてすぐに借金を返します。いますぐにです!そして日本の格付けもどんどんあがります。もし若者でも寄付したいのであればぜんぜんOKよw
つか老人じゃなくてもいいかな、しかし、若者の場合は10億以上の
寄付だねwもしがんがん寄付が集まり、いきなり黒字なった時点で
シューリョー!!wです。

日本を救った人間として歴史に名を残そうではないですか!!!
子供たちに明るい未来を!!

もう一つ、子供生んで、18歳まで育た家族に200万円の特別手当が
あります。とかいいかな、、

すべてフィクションだし、全く深く考えてませんが、、w
「特別(老人)寄付法」は使えるんじゃないかと思いますYO。
posted by 百億円 at 19:17| 富山 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
仕込み時が来ましたヨ(・±・)ヒヒ
Posted by むっく at 2009年09月14日 15:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/125419092
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。